先輩スタッフからのメッセージ

オハナゆめキッズハウス おおたかの森

保育リーダー

太田 菜穂子

Ota Nahoko

「困ったことない?」とお互いを支え合えるチーム
ベテラン保育士から学ぶことも多い

━オハナゆめキッズハウスで働くことになったきっかけは?

転職を考えていた時にマザープラネットを知りました。「保育園を第二の家庭に」というコンセプトのもと、子どもたちがのびのびと過ごせる場所を作っていくのは自分の理想にも合っていました。そして、「これまでの保育業界で暗黙の了解だったサービス残業などの問題を変えていきたい」という社長たちの思いを知り、深く共感したんです。この問題が解決することで、保育の仕事がもっと楽しくなるし、働きやすい業界になるはずだと感じました。

━実際に働いてみての感想は?

現在は担任を持ちながら保育リーダーを務めています。現場の職員たちが働きやすくなるように、人員配置を考えたりするのもリーダーの仕事です。できる限りみんなで声を掛け合い、「大変じゃない?困ったことない?」とお互いを気遣い合える職場環境を目指しています。
一緒に働く仲間たちはみんな優しく、あたたかい人たちばかりです。そして、ベテランの保育士がたくさんいるので自分自身もとても勉強になることばかり。子どもたちが楽しめるように職員間でアイデアを出し合って、活動の内容をより良いものにブラッシュアップしていくことができています。良い職場に出会えて良かったと思っています。

━喜びややりがいを感じる瞬間は?

やはり年度末の進級や卒園の時期は感動することがたくさんありますね。昨年の4月に比べて大きく成長した子どもたちの姿を見た時、自分が少しでもサポートできたのかなと思い嬉しくなります。充実感を抱くと同時に、保育士になって良かったと思う瞬間です。そして新たに4月から頑張ろうと思えるんです。

━オハナゆめキッズハウスで働く魅力とは?

小規模園なので子どもたちに1対1でじっくりと関わることができるのは魅力の1つだと思います。丁寧に言葉掛けをしたり、子どもたちの思いに耳を傾けたり、保育士自身もゆったりとした気持ちで仕事ができます。

━今後の目標があれば教えてください。

自分のやってみたい保育の実現を目指して、これからも勉強し続けたいです。研修の機会もたくさんあるので、積極的に参加して学んだことを自分のものにしていきたいと思います。